ヘッドライトフィルム施工してみた!“パレットSW編”

2021年07月28日

ヘッドライトフィルム施工してみた!“パレットSW編”

今月から導入したヘッドライトフィルム(ヘッドライト用プロテクションフィルム)☆*゚

実際スタッフ小林の車に施工してみました!
年季の入ったパレットSW…どこまでヘッドライトのクスミがなくなるのか…

まずはヘッドライトを軽く磨いていきます!
(磨き前の画像をとり忘れました…(゚д゚lll)泣)
磨き後の画像がこちら↓

↓これがパレット専用のフィルム!
パレットはライトが小さいので一枚張りで、左右合わせて二枚入ってました。
最近の車はライトが大きいので車種によっては、二枚張り、三枚張りとあるようです( ᵕᴗᵕ )

まずは、フィルムの位置を確認して…
フィルムを台紙から剝がしていきます!

専用の施工液をライト全体にふりかけます!
全体が濡れた状態でフィルムをライトに合わせて張り付けます。
濡れている間は位置を変えたり修正可能です!

位置を合わせて貼り付けたら、シートとライトの間の空気と施工液を専用ベラで抜いていきます!
ここで空気や施工液が残っていると剥がれや浮きの原因になるので要注意です!

同じように反対側も!

完成ー!!!

画像ではわかりづらいですが、施工前後で全然違う…( ⊙⊙)!!
クスミや黄ばみが取れてクリアになりました!
この違い、画像では伝わらないのが悔しい…(´◦ω◦`):

そして、施工から10日経過しましたが、水分もすっかり飛んで余計にクリアに見えます!
むしろ、ライトだけ浮くくらいピカピカです( ˙▿˙ ; )↓

何度磨いてもすぐにくもってしまう…黄ばみやクスミにお困りの方には一押しです!!
新車のお車に施工する事で、黄ばみや劣化を防ぎ綺麗な状態を維持する事もできます(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑

今なら、期間限定!導入記念特別特価でご案内中ー!!

詳しくはお近くのスタッフにお尋ねください☆*゚